大手ネット証券が株価指数先物取引、オプションとr引きなどの手数料を引き下げる動きが活発化しています。 現物株の手数料については各社ともかなり引き下げた状態となっており、今後はこうした投資でも手数料引き下げ競争が活発してき…

マネックス証券に続き、楽天証券も外国株の特定口座対応を開始

2014年中に楽天証券も米国株の特定口座対応を開始するということを発表しました。マネックス証券は2013年に開始しているのでネット証券における代表的な外国株取り扱い証券会社の中ではSBI証券のみが非対応という状況になりそ…

ネット証券の投資信託は「手数料競争」から「ポイント競争」へ

10月1日より、カブドットコム証券が開始した投資信託の保有に対してポイントが貯まる「毎月ポイント」。既にSBI証券の「投信マイレージ」やマネックス証券、楽天証券でも類似のサービスを行っています。 投資信託で安定的な資産運…

日経新聞の報道より。既存の大手ネット証券で米国株取引ができる「マネックス証券」「楽天証券」「SBI証券」に次ぐ4社目ということになりますね。 報道では、業界最安値の手数料体系を目指すということです。 今のところ、米国株取…

投資信託において問題視されていた分配金の扱い。特に毎月分配型ファンドのように月々多額の特別分配金(事実上の元本払い戻し)をしているようなファンドの利回りがよく見えてしまう問題がありました。 そこでこうした問題を受けて始め…