証券会社とトレーディングツール比較

証券会社で株取引をするうえで利用するのが「トレーディングツール」などと呼ばれる株取引のための管理画面・ツールです。リアルタイムな株価情報や株価チャート、企業の財務情報、最新のニュースなど株取引には様々な情報が必要です。こうした情報は証券会社(ネット証券)がトレーディングツールという形で提供しています。今回は実際のネット証券が提供しているトレーディングツールを比較しながら、使い方や利用のポイントなども合わせて解説していきます。

ネット証券におけるトレーディングツール

証券会社が提供しているトレーディングツールには大きく「ブラウザ版」と「ソフトウェア版」の二種類があります。手軽さではブラウザ版、機能面ではソフトウェア版が優秀です。

ブラウザ版
PCやスマートフォンなどで証券会社の管理画面にログインすることで利用できるものです。たいていの情報は手に入りますが、株価やチャートなどの更新を手動でする必要があるなど利便性はソフトウェア版に劣ります。
一方で、PCでログインするだけで利用できるので、外出先などでも手軽に利用することができるという点は長所です。

ソフトウェア版
パソコンに専用のソフトをインストールすることで利用することができます。ブラウザ版と比較すると高機能である点が特徴です。リアルタイムの株価やチャートの自動更新機能のほか、複数の情報を同時に閲覧したり、ワンクリックで売買注文を発注できる点などがメリットです。また、スマートフォン向けにアプリとしてトレーディングツールを提供している証券会社も増えています。
難点はPCにソフトをインストール・起動させる手間が必要ということ、さらに証券会社によってはこうしたトレーディングツールの利用が「有料」となっている点などが欠点といえます。

ブラウザ版とソフトウェア版はどちらがいい?
基本的には使い分けだと思います。一日の株価動向を見ながら売買注文を出すというアクティブな投資家の方はソフトウェア版がよいでしょう。一方で、中長期の保有を前提に株を買い、ザラ場はほとんど見ることはないというのであればブラウザ版でも十分かと思います。
なお、ソフトウェア版のトレードツールが有料という点ですが、月に数回程度の株の売買があれば多くの場合は無料になるような無料条件があるので、ほどほどの株を売買するつもりの方は料金を気にする必要はないと思います。

 

証券会社別トレーディングツールの使い勝手比較

ここからは大手証券会社におけるトレーディングツールの使い勝手を評価します。ブラウザ版についてはあまり違いがないのでソフトウェア版について比較したいと思います。

1位:楽天証券「マーケットスピード」

非常に使い勝手がいいトレーディングツールの一つ。ネット証券の中でも初めて高機能なトレードツールを一般個人投資家向けに提供したのも楽天証券だと評価しています。
表示画面(インターフェース)の見やすさ、操作性など抜群に高いです。また、マーケットスピード上で日本経済新聞社が提している「日経テレコン21」を無料で見ることができるというのも大きな利点です。
>>楽天証券

 

2位:GMOクリック証券「スーパーはっちゅう君」

GMOクリック証券のトレーディングツールです。同社に口座を持っていれば無料で利用可能です。株、先物、オプションの取引が可能なトレーディングツールです。リアルタイムな株価情報等はもちろん、チャート分析がより詳しくできるようになっているので、チャートを使った株価分析をやりたい方に特におすすめ。
また、売買注文を出すのもの簡単なのも高評価。
>>GMOクリック証券

 

3位:カブドットコム証券「kabuステーション」

カブドットコム証券のkabuステーションもおすすめ。フル板や東証アローヘッド対応など期間投資家向けと同等のトレード環境を個人投資家向けに提供しているツールと評価できます。上位の2つのツールよりもこのあたりの点は優れていると思います。
取引画面の使い勝手も高いです。月々945円の有料設定ですが、前月に取引が1回でもあれば無料で使えるなど、無料条件も豊富で緩いのでほとんどの場合でお金を払う必要はないでしょう。
>>カブドットコム証券

 

4位:SBI証券「ハイパーSBI」

SBI証券が提供しているトレーディングツール。まずまずの使い勝手です。リアルタイム株価、チャート、ニュース、四季報情報など必要な情報はほとんど手に入ります。チャート面の使い勝手が少々悪いような気がします。
1カ月980円の有料設定ですが、信用取引口座・先物取引口座を開設している方は無料になります。現物株取引だけの場合も前月に株の売買があれば無料になるなど無料条件も緩いので、ほとんどの場合でお金を払う必要はないでしょう。
>>SBI証券

 

証券会社を様々なポイントから比較するまとめ記事「株式投資(現物株投資)で証券会社を選ぶポイント」もぜひご覧ください。

関連記事

証券会社とトレーディングツール比較を読まれた方は以下の記事も読んでいます。