証券会社が破たん・倒産した時はどうなる?

株式や資金を預けていた証券会社が破たん、倒産した場合どうなるのかについてまとめていきます。結論から言うと、証券会社が破たんした場合でも投資家の財産は別々に管理されているので保護されます。これを分別管理と言います。また、万が一証券会社が分別管理を行っていなかった場合でも日本投資者保護基金によって1000万円まで保護されるという二重のセーフティネットが敷かれているので大丈夫です。

証券会社における分別管理

まず、証券会社に預けている株券や債券などは原則的に、証券会社自身が保有しているわけではなく証券保管振替機構(ほふり)を通じて管理されます。
株式という券面はもはや存在せず、電子データとして管理されています。そのため、預けている証券会社自身が持っているというわけではないのです。そのため、証券会社が破たん・倒産した場合でも完全に保護されます。

また、証券会社に預けているお金(投資資金)なども、証券会社自身が保有している財産と、投資家の資金とは明確に区分されて管理されています。
この仕組みのことを「分別管理」といいます。

こうした分別管理が守られていることにより証券会社が破たんした場合でも適切に投資家に預けていた財産が戻るような仕組みになっています。

 

保護されるものとされないもの

ただし、証券会社に預けている資金や運用商品についてすべてのものが保護されるわけではありません。一部対象外となる商品もありますのでご注意ください。
たとえば「信用取引や先物、オプション取引等における「評価益部分」」は保護の対象外となります。

 

実際に証券会社が破たんした時は

実際に証券会社が破たんした場合、投資家が請求することによって変換されます。
なお、万が一破たん証券会社が違法に分別管理を行っておらず、投資家の財産が棄損していた場合。または、破たん時の混乱等によって投資家への有価証券や預けている資金の返還がスムーズに行われない場合については、「日本投資者保護基金」によって、最大1000万円まで戻ってこない資金の補てんを受けることができるようになっています。

過去の例としては2000年に破たんした南証券、2012年破たんした丸代証券が破たんした場合に、投資資金の一部が戻らず日本投資者保護基金によって損失が補填された経緯があります。

 

関連記事

証券会社が破たん・倒産した時はどうなる?を読まれた方は以下の記事も読んでいます。