松井証券がデイトレ時の信用手数料・金利をゼロへ。

ネット証券大手の松井証券が「2013年の信用取引制度改正(※)」を機に、個人投資家の信用取引の金利&手数料をゼロにするというサービスを開始するということです。信用取引手数料や金利の引き下げが昨年から相次いでおり手数料を無料とするケースは増えているものの金利までゼロにするというのはかなりビッグな話題といえるでしょう。

※2013年1月から信用取引の回転ルールなどが変更になります。詳しくはリンク先をご覧ください。

松井証券の「1日信用取引」と呼ばれるこの手数料ゼロ、金利ゼロの具体的なサービスは
・1注文の取引金額が300万円以上
・同日中に反対売買をして取引を終わらせること

以上の2点を満たした場合に売買手数料無料&金利までゼロになるということです。(ちなみに、1回あたりの約定金額が300万円未満の場合手数料は無料ですが信用金利年2%は発生する模様です)

手数料や金利などのコストは他の大手ネット証券と比較してどちらかといえば高かった松井証券としてはかなり思い切った戦略ですね。

参考
信用取引手数料比較
信用取引金利・貸株料比較

これによって、取引高の多いデイトレ投資家を多く集めたいという意向で、利益自体はその他の現物株取引やデイトレにならなった(持ち越した)株の手数料・金利によって稼ごうという戦略なのでしょうが、みなさんはどのように感じるでしょうか?

ちなみに、デイトレしなかった場合の金利や手数料については従来通りで他のネット証券よりもかなりお高めとなっておりますので、実際の投資スタイルから考えていく必要がありそうです。

>>松井証券の詳細・管理人評価はこちら

関連記事

松井証券がデイトレ時の信用手数料・金利をゼロへ。を読まれた方は以下の記事も読んでいます。