アベノミクスで証券会社への口座開設数が急増

アベノミクスによって株式市場が相当活況となっています。株式売買代金も増加し、ネット証券では口座開設が急増しているということです。大手ネット証券のカブドットコム証券では2013年1月の口座開設数が前月(2012年12月)の2倍以上にまで急増したとしており、まさに個人投資家が株式市場に戻ってきたというような状況です。

信用取引の制度変更も追い風?

この背景には、今年1月から実施された信用取引の制度変更も追い風となっている模様です。
制度変更によって、信用取引による回転売買がより行いやすくなり、短期筋による売買が膨らんでいるものと思います。

参考:2013年1月からの信用取引のルール変更についてのまとめ

 

信用取引による商いの増加はあくまでも短期筋。株価が上向きの状況では良いでしょうが、逆方向に動いた時は一気に冷え込む恐れもあります。この株高においていかに中長期の視点を持つ投資家が相場に参加してくれるかも大きなポイントとなりそうですね。

関連記事

アベノミクスで証券会社への口座開設数が急増を読まれた方は以下の記事も読んでいます。