2016年から株と債券の損益通算が可能になる?

2013年現在、株式投資の譲渡損益(売買損益)については投資信託の売買損益、株式配当金、投資信託分配金との間で通算が可能ですが、2016年からは「債券」についても損益通算の可能枠が広がるということです。たとえば、株で年間10万円の損失が発生した場合でも債券の利子として10万円を受け取っていた場合、損益を通算して債券の金利にかかる税金を支払わなくてよくなるそうです。

一方で債券を売買して売買益が出た場合にはこれまでは非課税となっていましたが、2016年1月以降は課税対象となります。

 

問題は外貨MMF

通常債券の売買で利益が出るということについてはあまり大きな問題にはならないと思いますが、問題は「外貨MMF」ですね。
外貨MMFは公社債投資信託という投資信託で税金上は「債券」に当たりますので、債券と株の損益通算が可能になったら、外貨MMFの売買(実態は為替差益)も課税対象となってしまいます。

外貨MMFのメリット」などでよく「為替差益が非課税」などがうたわれていましたが、これも2016年からは使えなくなるということですね。

方向性としては、しょうがないところがあるでしょう。外貨MMFの為替差益の非課税については賛否両論もありましたし。
こうなってくると外貨MMFの魅力は相対的に小さくなって外貨預金やFXの方が主流化してくるんでしょうか?

それとも外貨MMFを使った外国株投資などが普及すれば節税メリットが無くなっても問題ないかもしれません。

関連記事

2016年から株と債券の損益通算が可能になる?を読まれた方は以下の記事も読んでいます。