楽天証券が株式手数料を30%優遇するコースを追加

2012年末~2013年年初にかけてネット証券において手数料の引き下げがありました。楽天証券は直接的な値下げではなく、利用者ごとにランク付けをして手数料を引き下げたのですが、今回さらに手数料を30%引き下げる「ダイヤモンドランク」を追加するそうです。

超割コースとは?

超割コースは投資信託、信用取引の残高等に応じて手数料ランクを決定するという楽天証券の新しい手数料体系(割引サービス)です。従来まで、ゴールド、プラチナの2種類でしたが2013年4月から新たに「ダイヤモンド」のランクを追加するということです。

それにしても、楽天はランク分け好きですね。

証券会社手数料比較」のページで手数料をみると各ネット証券の手数料は下記のようになっています(2013年3月時点)

SBI証券 楽天証券 松井証券 マネックス証券 カブドットコム証券 GMOクリック証券
10万円以内 145円 145円 設定なし 105円 189円 105円
20万円以内 194円 194円 設定なし 189円 283円 260円
50万円以内 285円 358円(249円) 設定なし 472円 567円 260円
100万円以内 511円 639円(447円) 設定なし 1050円 1039円 470円
300万円以内 967円 1209円(864円) 設定なし 3150円 2929円 900円

決して楽天が安いわけじゃないんですけど、()は超割コース(ダイヤモンド)が適用された場合の手数料です。
となるとほぼ最安値の手数料になるわけですね。まあ、条件を満たせるのか?って話は置いておいて。

さて、気になる条件ですが!
投資信託平均残高5000万円以上、信用建て玉平均残高1億円以上、信用取引新規建て玉合計額30億円以上

のいずれかです。うーん、私は絶対に無理ですね。

参考
楽天証券

関連記事

楽天証券が株式手数料を30%優遇するコースを追加を読まれた方は以下の記事も読んでいます。