証券会社と銀行の違い

まず、株とかの投資を始めようかと思って、「まずは証券会社に口座を作る」などといわれて思うのが、「証券会社と銀行ってどう違うの?」という疑問があるかと思います。今回はこの疑問にお応えするべく、証券会社の口座と銀行口座はどう違うのかを分かりやすくまとめていきたいと思います。

直接金融と間接金融

証券会社と銀行の違いは一言でいえば「役割」が違うということが挙げられます。どちらも金融商品を取り扱っていますが、その扱い方に違いがあります。
証券会社は「直接金融」、銀行は「間接金融」と呼ばれる役割を担っています。

・間接金融
「銀行」が中心となり、預金という形で資金を集めて、その資金を元手にして企業や個人などに「貸付」を行います。銀行は預金者に対して約束した利息を支払います。仮に融資先が焦げ付いたとしても、銀行がリスクを負います。こうしたお金の流れを「間接金融」といいます。
銀行がリスクを負ってくれるので、リスクは低いのですが、その分リターンも銀行側にマージンとして抜かれるため小さくなります。
>>間接金融とは

・直接金融
投資家と企業などが直接取引をします。証券会社はその取次や仲介を行うことを役割としています。たとえば、株式や債券(国債や社債など)がこれに当たります。こうした金融商品は投資家と発行体による直接の取引となります。株や債券発行した企業が破たんした場合には、投資家がその損失を被ることになります。一方で、銀行に中間マージンを取られることはないため、その分リターンも大きくなります。
戦後、日本は銀行を中心とした間接金融が中心でしたが、金融ビッグバン以降は、貯蓄から投資へというスローガンの下で、直接金融市場への移行も勧められています。
>>直接金融とは

 

証券会社と銀行で取り扱える金融商品の違い

次に、具体的に証券会社と銀行の口座おいて取り扱える金融商品の違いをみていきます。金融ビッグバン以降は規制緩和によって、銀行と証券会社の垣根が少しだけ小さくなりました。銀行の特徴は「預金(定期預金など)」を扱えるという点が最も大きいですね。一方で証券会社の場合は「株式の売買(仲介)」が可能という点が異なります。

・預金
扱えるのは銀行のみです。証券会社では取り扱いできません。

・投資信託
銀行でも証券会社でも取り扱いが可能です。ただし、ETFのように証券取引所で売買されている上場投信は銀行では扱えません。

・株式
扱えるのは証券会社のみです。証券会社に取り次ぐ形で銀行経由でも売買可能ですが手数料などを考えるとメリットはないと思います。

・債券(社債や国債など)
取り扱えるのは証券会社のみです。ただし、一部の国債は銀行でも取り扱いができるようになっています。

基本的に、銀行でも取り扱いが可能な金融商品(投資商品)は増えてはいるもの、原則的には銀行で扱えるのは「預金」が中心であり、その他の投資商品の売買については「証券会社」の方が取り扱い商品の種類も幅も広くなっています

ですから、基本的に投資商品を売買したいという場合は証券会社の口座開設をおすすめいたします。

なお、証券会社の選び方や比較については「証券会社比較ランキング」が参考になります。

関連記事

証券会社と銀行の違いを読まれた方は以下の記事も読んでいます。