マネックス証券が教育資金贈与関連サービスへ参入

ネット証券大手のマネックス証券が祖父母から孫への教育資金贈与関連サービスに参入するということです。祖父母から孫への教育資金が非課税となる件はすでに信託銀行等において「教育資金贈与信託」としてサービスがすすめられていますが、証券会社が本件関連サービスを提供するのは最初ととなります。

教育資金贈与サポート

マネックス証券に専用口座を作り、祖父母と孫がそれぞれ口座を開設します。
資金の運用は孫(未成年の場合は父母)が行います。教育資金贈与信託との違いはやはり「運用できる」という点。必要な時まで、投資信託個人向け国債などの金融商品に投資ができます。

 

個人的な感想

運用可能な商品も投資信託が基本でしょうし、コールセンター経由ということは販売手数料等の投信コストも高そう。

また、実際にお金を引き出すときはネット証券よりも実際に店舗があるところの方が手続きがスムーズになる気がするけどいかがなものだろうか。

 

関連記事

マネックス証券が教育資金贈与関連サービスへ参入を読まれた方は以下の記事も読んでいます。