証券会社口座開設の流れ

今回は、証券会社に口座を作るまでの流れについて説明していきます。必要なものや用意しておくもののほか、資料請求から口座開設の流れまで分かりやすく解説していきます。
基本的には「資料請求(口座開設申し込み)」→「必要事項の記入、本人確認書類の郵送」→「口座開設の完了・入金」という流れになります。

1.資料請求(口座開設申し込み)

まずは、口座を開設したい証券会社のホームページ等で資料請求(または口座開設申し込み)を行います。いずれの場合もパソコン上から申し込みが可能です。最近では、資料請求ではなく、ホームページ上で必要な情報等の入力を済ませる「口座開設申し込み」という形も多いです。
この場合、ステップ2における入力項目などが予め印刷されて届くので口座開設がよりスムーズになります。

 

2.必要事項の記入、本人確認書類の郵送

ホームページ上で申し込みを完了すると、後日自宅あてに書類がとどきます。
その書類には口座開設のために必要となる入力欄や印鑑の押印欄などがあります。いずれも口座開設のために必要ですので記入押印を済ませましょう。また、これらには「本人確認書類」と呼ばれる書類のコピーや移しを同封するように指示されているかと思います。
本人確認書類としては「健康保険証、運転免許証、年金手帳、旅券(パスポート)、外国人登録証明書、住民票」などが挙げられます。ちなみに、これらの書類の同封は「本人確認法」という法律による決まりとなっています。

これらの申し込み書ならびに、本人確認書類を同封の返信用封筒で送り返します。

 

3.口座開設の完了・入金

返送から1週間~2週間程度で口座開設完了に関する通知が届くと思います。
これらの通知書類にはインターネット取引のためのログインIDやパスワードなどが記載されていると思いますので、なくさないように大切にファイルしておくようにしましょう。

これでこのID、パスワードを使ったネット証券(証券会社)のオンライン口座にログインできるようになっているはずです。
入金する場合は、証券会社のホームページ上で「即時入金サービス」などを利用することができるはずです。これは提携している銀行のオンラインバンキングサービスを使って入金するというものです。
このほか、証券会社が指定する口座に対して、銀行などから振り込むという方法も使えます。

関連記事

証券会社口座開設の流れを読まれた方は以下の記事も読んでいます。