NISAに開始3カ月で5000億円流入。投資家の4割は女性

今年1月からスタートした少額投資非課税制度(NISA)ですが、開始から3カ月で資金流入額は5000億円ということで、制度による目標(貯蓄から投資の活性化)という点についてはまずまずの滑り出しと言った状況のようです。3月末時点でのNISA口座数は320万口座、内稼働しているのは77万口座ということです。

投資の主流は高配当銘柄のようで、武田薬品工業、みずほHD、キヤノンなどの高配当銘柄が買われています。
ただ、武田については「武田薬品工業に懲罰的賠償金6000億円。NISA投資家は痛手」などでも紹介されている通り、全員含み損状態となっているわけで、投資の怖さを確認したNISA投資家の方も多いかもしれません。

株式相場は年明けからは足踏み状態となっております。新興国経済の不透明感などから海外投資家は日本株売りを強めており、NISA資金が海外の売りをささえるという皮肉な状況になっています。

関連記事

NISAに開始3カ月で5000億円流入。投資家の4割は女性を読まれた方は以下の記事も読んでいます。