投資信託のトータルリターン通知サービス、楽天証券が先行スタート

投資信託において問題視されていた分配金の扱い。特に毎月分配型ファンドのように月々多額の特別分配金(事実上の元本払い戻し)をしているようなファンドの利回りがよく見えてしまう問題がありました。

そこでこうした問題を受けて始められるのが「トータルリターン通知制度」です。2014年12月より義務化されますが、それに先行する形で楽天証券が通知をスタートしています。

分配型ファンドなどはその分配金をどうしても利益と考えてしまい、それを勘違いしている投資家の方も多いのですが、この制度によって自分がどの程度本当に儲かっているのかが分かりやすくなって良いですね。

私の個人的な考えについては「毎月分配型の投資信託に利用価値はない」などでも指摘されているのと同じで、分配型ファンドは買う価値が無いと思っています。

トータルリターン制度が導入されることで、そうした勘違いが減って、本当に投資的価値が高い投資信託の発売が増えるといいなぁと思います。

関連記事

投資信託のトータルリターン通知サービス、楽天証券が先行スタートを読まれた方は以下の記事も読んでいます。