カブドットコム証券で2015年にも米国株取引が可能に

日経新聞の報道より。既存の大手ネット証券で米国株取引ができる「マネックス証券」「楽天証券」「SBI証券」に次ぐ4社目ということになりますね。

報道では、業界最安値の手数料体系を目指すということです。

今のところ、米国株取引の最安値はマネックス証券の「5ドル~20ドル」というところですが、これよりも安くなる公算が強いということでしょうね。同社を含む他社も追随するかどうかに注目が集まります。

米国株と言うと気になるのが海外ETFでしょう。「VT(バンガード)」を始めとして米国に上場しているETFには魅力的なものも多い一方、「海外ETFの特徴とメリット、デメリット」などでも指摘されている通り、日本の証券会社における海外ETF購入時の手数料が高いためにその魅力も半減しています。

ネット証券の国内株取引手数料は随分と安くなっていますが、こうして競争が進んでグローバル株投資の取引コストも安くなってくれると嬉しいですよね。

まあ、2015年中ということですので、随分先のお話になるかもしれませんが。。。

参考:米国株取引に強い証券会社

http://www.money-navi.net/securities/goods/usa.html

関連記事

カブドットコム証券で2015年にも米国株取引が可能にを読まれた方は以下の記事も読んでいます。