SBI証券、米国株取引(ETF含む)の手数料を値下げ。マネックス証券と並ぶ。

大手ネット証券のSBI証券が、米国株取引・ETFの株式売買手数料を2016年7月11日に値下げしました。
従来は1約定あたり25米ドルという手数料でしたが、1約定あたり0.45%(最低5ドル、最高20ドル)に変更しました。これによってネット証券の中で米国株取引ができる証券会社の中ではマネックス証券と並んで最低手数料になりました。

ちょっとでもいいからマネックス証券よりも安くすればいいのに……と思うわけですが、やはりここは大人の思惑があるのでしょうね。

米国株取引の手数料は高い

株式投資をするという意味で、日本株しか興味がないという方は決して少なくないと思います。
その一方で、米国株取引の手数料は国内株と比較すると高いです。

SBI証券がこうやって引き下げたことで米国株取引の手数料に対していい意味での競争が始まるといいなぁと思います。

米国株投資にお勧めの証券会社の選び方
世界的な大企業に投資をしたい、あるいは海外の有利なETFに投資をしたいという方にとって米国株取引は非常に魅力ある運用手段です。その一方で米国株取引(外国株取引)は為替の問題や取引時間やトレードツールの問題、税関係の手続きの問題など色々なハードルがあり...

 

米国株の賢い買い方

ちなみに、米国株投資をするときのポイントとしては少額ずつ購入する方法は手数料の計算方法上、好ましくありません。適切なやり方としては、ある程度まとまった金額を購入するという方法になります。

上限20ドルということは0.45%で4500ドル(約45万円)以上買えば手数料率はどんどん下がっていきます。
仮に1万ドル分(約100万円)を購入すれば手数料率は0.2%にまで下がります。2万ドルなら0.1%です。

このように、米ドル株投資をするときは細かく刻んで買うのではなく、ある程度まとまった資金でまとめて購入するのが手数料的にはお得ということになります。

関連記事

SBI証券、米国株取引(ETF含む)の手数料を値下げ。マネックス証券と並ぶ。を読まれた方は以下の記事も読んでいます。