SBI証券、米国株の貸株サービスを2016年8月スタート予定

大手ネット証券のSBI証券は、保有する現物株式を証券会社に貸し出すことで貸株料(貸し株金利)を受け取ることができるサービスを、従来の国内株から範囲を拡大し、2016年8月に米国株(米国ETFを含む)に拡大する予定を発表しました。

以下プレスリリース。

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村 正人、以下「当社」という。)は、2016年8月下旬(予定)より「米国貸株サービス」の提供を開始することとなりましたので、お知らせいたします。

貸株サービスは、お客さまが保有する株式を当社に貸し出すことで、保有する株式を売却することなく、貸し出した株式に応じた貸株金利を受け取ることができ るサービスです。当社はお客さまから借り受けた株式を機関投資家が参加する「貸株市場」に貸し出すことで貸株料を受け取り、お客さまへ貸株金利をお支払い いたします。 当社は2008年より国内株式の貸株サービスを提供してまいりましたが、米国株式をお持ちのお客さまにも新たな収益機会を提供するため、2016年8月下 旬を目途として、「米国貸株サービス」を開始することとなりました。なお、米国株式を対象とした貸株サービスを個人投資家の皆さまに広く提供するのは本邦初となります。さらに、今後当社の取扱う米国市場以外の8ヶ国の株式につきましても貸株サービスを提供することを検討しております。

貸株サービスで株式保有に対する収益性が向上

貸株サービスを利用できることで、保有株の収益性が上昇するというのは好ましいことです。
貸株サービス自体が100%ノーリスクの取引ではないということと、税金の問題さえ解決できるのであれば積極的に活用したいと私は考えています。

税金の問題については、雑所得問題がどうしても残ります。

配当金が配当金相当額となることによって二重課税や配当控除、損益通算が利用できないといった問題点も「貸株サービスの配当金相当額には二重課税問題と損益通算問題があるのでご注意」などで指摘されています。

個人的には少しリスキーで問題点も多いサービスかなと思っておりますので、利用される場合はこの辺りをご理解の上、利用されることをお勧めします。

関連記事

SBI証券、米国株の貸株サービスを2016年8月スタート予定を読まれた方は以下の記事も読んでいます。