ネット証券と対面型証券会社の違い

証券会社に口座を開こうというとき、ネットで株取引ができるいわゆる「ネット証券」と、町の中心部などにある店舗がある「対面型証券」にどんな違いがあるのでしょうか?また、それぞれの証券会社にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?今回はこのネット証券と対面型証券会社の違いをまとめていきます。

 対面証券の特徴

対面証券の特徴は基本的に「営業マン」や「窓口」と具体的に話をしながら売買する株式などを決めていくスタイルになります。
そのため、投資に関するアドバイスなどを受けることができるというのがメリットといえます。
一方、デメリットとしてはその分手数料などの取引コストが高いという点が挙げられます。

また、すべての営業マンがそうであるというつもりはありませんが、証券会社の営業マンは基本的に「手数料」のために動きます。手数料とは投資家が株を売買したり投資信託を買ったりすることで入ってきます。
そのため、投資家のニーズとは無関係に売買をさせたり、手数料の高い投資信託を勧めたりするケースも多く見られます。

中には良心的な証券マンもいるとは思いますが、手数料や販売ノルマに追われる彼らに投資アドバイザーとしての価値を見出すことはできません。

 

ネット証券の特徴

変わってネット証券の特徴は、インターネットを通じて投資家の判断いより株などを売買します。基本的に営業マンがつくことはありません。そのため、売買の意思決定などはすべて投資家自身が行う必要があります。
その代り、対面証券の数十分の一から数百分の一という低コストで取引をすることができます

投資の情報などを集めるのなんて面倒だし投資判断なんかはしたくないという方は、基本的にネット証券に向いていません。そもそも、そういう姿勢では投資自体をするべきでないと思います。

 

私個人は、今後の株取引の中心はますます「ネット取引」に移っていくものと考えています。お金というデジタル化できる商品を扱う上でインターネットと金融はとても相性が良いものです。

また、投資において「取引コスト」の大きさは直接投資のリターンにつながってきます。株価という不確実なものに投資をする以上、高い取引コストはそれだけ勝てる確率を小さくしてしまいます。

これから株式投資を始めようという方はぜひ「ネット証券」での株取引をお勧めいたします

関連記事

ネット証券と対面型証券会社の違いを読まれた方は以下の記事も読んでいます。