NISA口座の予約が拡大、150万口座へ

NISA口座の予約が拡大、150万口座へ

最近はNISA(日本版ISA)関連の記事が多いですね。現在のところNISAの口座を開設することはできませんが、各証券会社では「予約」という形で受付を開始しています。日経新聞によると大手証券やネット証券の事前予約は150万…

個人投資家NISA(ISA口座)での投資対象候補は株が最多

個人投資家NISA(ISA口座)での投資対象候補は株が最多

野村證券のニュースリリース「ノムラ個人投資家サーベイ(2013年5月)」によると、日本版ISA(NISA)を利用しようと考えている投資家がISA口座内で投資をしたい投資商品については「国内株式」が87.4%という結果だっ…

ネット証券がシステム増強に乗り出す。遅すぎるという指摘も

ネット証券がシステム増強に乗り出す。遅すぎるという指摘も

大手ネット証券が自社のシステム増強に乗り出すということを日経新聞が報じました。SBI証券はシステムの処理能力を1.5倍にしており、さらにサーバーの台数を増やすことを検討中、楽天証券はサーバーのメモリを増強した上でサーバー…

大手証券会社の口座管理手数料を無料化へ。

大手証券会社の口座管理手数料を無料化へ。

証券会社に株を預けておくとかかる口座管理手数料について大手証券会社でもついに無料化へと動き始めた模様です。野村證券は2013年1月から、SMBC日興証券も2013年6月からこの手数料を全廃するということです。大手3証券(…

日本版ISA、愛称が「NISA(ニーサ)」に決定。

日本版ISA、愛称が「NISA(ニーサ)」に決定。

2014年1月から始まる少額投資非課税制度(日本版ISA)の愛称として「NISA(ニーサ)」となることが決定しました。また、制度に一部変更があり、ISA口座について開設後でも別の証券会社(銀行)へISA口座の切り替えを可…

取引所FX(くりっく365・大証FX)が衰退へ・・・

取引所FX(くりっく365・大証FX)が衰退へ・・・

外国為替証拠金取引(FX)の中でも、取引所FXと呼ばれるFXサービスが衰退の方向へ向かっているようです。一般的なFX取引(店頭FX)と異なり、コスト面に競争力がないことや、業者ごとの差異が出しにくいなどで利用者が低迷、税…

いまいち知名度が上がらない日本版ISA

いまいち知名度が上がらない日本版ISA

証券優遇税制が切れる2014年より導入される日本版ISA(少額投資非課税制度)について野村アセットマネジメントが2013年3月に実施した調査によるとおよそ8割が「知らない」と回答。名前や制度(しくみ)についても理解してい…

株価の呼び値が10銭刻みに?

株価の呼び値が10銭刻みに?

東京証券取引所・大阪証券取引所の親会社である日本取引所グループが株価の呼び値(売買単位)を縮小する検討に入ったそうです。現在のところ、最小単位は株価によって異なりますが、1円単位。これが10銭になる計算です。10銭単位と…

売買高が増加しているPTS市場とその魅力

売買高が増加しているPTS市場とその魅力

PTSは「私設取引システム」というもので、証券取引所を介さずに株を売買する仕組みです。夜間取引などとも呼ばれていたことがあります。直近までは売買高が小さくて、サービス終了なども相次ぎましたが、2012年の規制緩和や利便性…

投資信託セミナーが大盛況。いつ買うの?今でしょ!

投資信託セミナーが大盛況。いつ買うの?今でしょ!

ネット証券大手のSBI証券、マネックス証券、楽天証券、カブドットコム証券が毎年開催している投資信託セミナーin武道館が前年を大きく上回る4600人もの参加者を集めて大盛況だったということです。相場がよくなっている今こそ投…