証券会社手数料比較一覧表

主要ネット証券会社(大手6社)の株式売買における手数料比較を行っています。

現在のところ、証券会社では大きく「約定代金別手数料」と「1日定額制手数料」の2種類の手数料を用意しているのが一般的です。
その二つのうち、投資家はどちからを選択することになります。両方の手数料がかかるわけではありません。

一般的に、約定代金別手数料を利用するのがお得なのは「1回あたりの売買額が100万円を超えるような方、または1日あたるりの平均売買回数が2回以下」、逆に1日定額手数料がお得なのは「1日の売買回数が多く、1回あたりの売買額が50万円以下」というのが目安となりそうです。

 

約定代金別手数料

株の売買ごとに手数料がかかるタイプの手数料体系です。大手ネット証券6社の中では圧倒的に「GMOクリック証券」が安い状況となっています。次いで安いのが、SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券という順になります。
松井証券は約定代金別の手数料体系は採用しておりません。

SBI証券 楽天証券 松井証券 マネックス証券 カブドットコム証券 GMOクリック証券
10万円以内 145円 145円 設定なし 105円 189円 105円
20万円以内 194円 194円 設定なし 189円 283円 260円
50万円以内 285円 358円 設定なし 472円 567円 260円
100万円以内 511円 639円 設定なし 1050円 1039円 470円
300万円以内 967円 1209円 設定なし 3150円 2929円 900円

 

 

1日定額手数料

1日定額手数料の場合は、SBI証券が全体的に安いですね。次いでGMOクリック証券、楽天証券、松井証券という順でしょうか・。マネックス証券は全体的に高い印象ですね。

SBI証券 楽天証券 松井証券 マネックス証券 カブドットコム証券 GMOクリック証券
10万円以内 100円 450円 無料 2625円 設定なし 230円
20万円以内 200円 450円 315円 2625円 設定なし 300円
50万円以内 450円 450円 525円 2625円 設定なし 430円
100万円以内 800円 900円 1050円 2625円 設定なし 860円
300万円以内 1640円 3150円 3150円 2625円 設定なし 1660円

 

いかがでしょうか?随分株式売買の手数料は安くなったとはいえ、証券会社によってずいぶんと差があるケースも多いみたいです。できる限り手数料の安い証券会社を活用するようにしましょうね。